毛虫皮膚炎

毛虫の毛にさされてかゆくなる人がこの季節多くなります。


毛虫皮膚炎ツバキやサザンカなどの葉を食べて大きくなるチョドクガの幼虫。肉眼でも毛はみえますが、毒があるのはこれではなく、さらに小さい長さ0.1mmの針のような毛。毛虫の黒い節のところに密生していて、
その数、毛虫一匹で50万本。小さくて毛虫から簡単にはがれるので、木の近くを通っただけで風で飛んできた毛が刺さります。毛虫を見てなくても、触ってなくても症状が出るのはこのためです。


刺されるとすごくかゆい赤いブツブツができますが、これは毒によるアレルギー反応です。アレルギーなので、人により症状が違い、刺された当日からはれる場合と、1~2日後に遅れてかゆくなる場合があります。

今月いっぱいと8~9月の年2回幼虫が発生するので、しばらくはツバキやサザンカの木に近づかないようにして下さいね。庭にこれらの木がある時は布団や洗濯物を干すときの風向きにも気をつけて。毛虫に触れてしまったら、テープで毒針毛をはがし、シャワーで流して下さいね。

20140518-charatwo2☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
皮膚科・神経内科 白崎医院
TEL: 0766-25-0012
HP: http://www.shirasaki-hifuka.com
LINE: @shirasaki-hifuka
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆