皮ふ科web受付について

web受付は、来院後3〜5人待った後に優先して診察を受けられる仕組みです
必ず、以下の注意点をお読みになりweb受付を行なって下さい
  1. 来院時は必ずスタッフにweb受付したことをお伝え下さい。
  2. 診察時間内であればいつ来ていただいても構いません。
  3. 混雑時は、ほぼ同時刻に複数のweb受付をした方が来院されます。その場合は5人以上お待ちいただくことがあります。
  4. 混雑する時間は特定できませんが、土曜日はいつも、平日は診察時間の終了間際に混雑する傾向にあります。
  5. web受付の時間は下記のように診療時間より始まりも終わりも30分短い時間です。午前中に午後の受付はできません。
皮膚科web利用時間
午前:9時~12時(土:11時半)
午後:14時半~17時半(土:16時半)

 

以前は何番の方が現在診察中かを表示していましたが、2021年からはその表示を中止しています。その代わり診察時間内であれば、ご都合に良い時間にいつ来院して頂いても構いません。ただし午前中にweb受付して午後に来院された場合は優先診察のメリットは受けられませんのでご注意下さい。

 

こちらからweb受付を行なって下さい

多汗症治療薬「エクロックゲル」

わきの汗が多くて困っている人は多いのではないでしょうか。

当院ではこれまで、塩化アルミニウム液や飲み薬を使い、重症例にはボトックス注射を行っていましたが、今回新薬が発売され治療の選択肢が増えることになりました。

エクロックゲル」というぬり薬で作用機序がこれまでの薬と異なります。ぬり薬なので12才以上なら誰でも使いやすく、これまで塩化アルミニウムなどの治療で十分な効果が得られなかった人も試してみたらいいでしょう。

わきの汗が多く、わきの臭いが気になる方も効果が出る可能性があります。

わき汗やわきの臭いはこれまで仕方がないとあきらめていた人もいると思いますが、今後は治療可能な病気として対応できますよ。受験、発表会、面接など大事な場面の数週間前から使い始めて、その時に備えるという方法もぬり薬なら可能だと思います。

困っている方はご相談ください。

メディカルアートメイク(まゆ毛)

申し訳ありません。現在一時休止中です。

 

白崎医院ではまゆ毛のメディカルアートメイクを行っています。

当院の美容医療の一環として行っていて、これからは東京や関西に行かなくても地元で「落ちないポイントメイク」が受けられます。

また、円形脱毛症や抗がん剤で眉が抜けてしまった方、白斑(限局型)で皮膚の色が抜けてしまった方への新たな選択肢になると思います。

下記のパンフレットをご覧になり、ご興味があればメールで連絡下さい。担当は杉本看護師です。

新しい換気設備を導入しました(新型コロナ対策)

新型コロナウイルスの主な感染経路は接触感染と飛沫感染です。空気感染するかは明らかになっていませんが、3蜜(密閉空間、密集場所、密接場面)状態では18.7倍感染させると言われているので、換気をしっかり行うことは大切です。

 

接触感染
手についたウイルスが口から体に入る
飛沫感染 会話や咳などで発生する飛沫を直接吸い込む。ただし1m程離れれば飛沫は届かない
空気感染 空気中に極小さい飛沫が漂っていて、それを吸い込んでしまう。従って同じ空間にいるだけで感染する

 

ただ、窓を開けっ放しにしておくと夏は暑く冬は寒くなり待合室の環境は悪くなります。

 

そこで今回、待合室に熱交換エレメント付きの換気設備を導入しました(天井のくっついている黒い箱)。
この機械は室内の空気を吸い出す時の熱を新鮮な外の空気に加えることで、換気をしても待合室の温度変化を少なくしてくれます。
合わせてエアコンの増設も行いました。

 

なるべく快適な待合室を目指していますが、コロナ禍では限界もあります。
これまでより外の気温に近くなるため、来院される時は洋服などで調節をお願いします。

 

また、待合室の椅子も以前より減らしています。詳細はこちら
ご面倒ですが車で来院された方はどうぞお車でお待ち下さい
診察順番がきたら携帯に連絡しますから、こちらの紙を受付に提出をお願いします。

来院前にweb問診の入力を

白崎医院ではweb問診をはじめました。

従来は来院後に紙の問診票を記入してもらっていましたが、スマホやパソコンから家で問診が記載できるように変更しました。

予め入力して頂くと、来院後診察までの時間が短くなりますし、コロナ禍なのでボールペンを共用する必要もないですね。

それよりも、医師に聞いてほしい経緯や質問したい内容が、診察室に入って言葉で説明するよりweb問診に記載した方が短い時間でうまく伝わると思います。私も他の医院を受診した時に思うのですが、医師の前では伝えたかった内容の半分程しか伝えられません。

ぜひ、こちらから問診の記載をお願いします。

以下の方は必ずweb問診の入力をお願いします。

・初めて受診される方  ・半年以上来院がない方
・前回とは違う症状の診察を希望される方
・有熱者

 

また、治療により症状がどうなったかを教えて頂きたいので、再診の方も再診ボタンから入力をお願いします。再診時の質問は3つだけで簡単です。入力時は診察券に書かれている患者番号をご利用下さい。

 

インフルエンザワクチン2020

細い針を使って痛みを減らす工夫をしています

withコロナの時代ですから、予診票自宅で記載し受付時に提出お願いします(予約は不要です)。

補助のある方は予診票の他に以下も記載してご持参下さい

  1. 生後6ヶ月以上〜小学生:母子手帳、予防接種券、
  2. 中学生:母子手帳、市から郵送された助成券
  3. 65歳以上の高齢者:市から郵送された予診票

予診票ダウンロード

予防接種券(生後6ヶ月以上〜小学生)のダウンロード

 

待合室の3密を避けるために

3密をさけるため、角の待合いスペースを閉鎖させて頂くことにしました。

申し訳ありませんが、待合室で待つスペースが減りますので車でお待ち下さい

順番が近づいたら携帯にお電話いたします。予め外で待つ券(→こちらから)を記入し、診察券や保険証と合わせて受付に提出して下さい。

 

写真のピントの合わせ方

ピントが合わない場合は下記のことを行って下さい。

  1. スマホのカメラをメガネ拭きできれいにする
  2. 皮膚面とスマホを平行に保ち撮影する。斜めからでは一部がピンぼけになります。
  3. ズームは使わずに撮影する。ピントが合いにくい時はむしろ引いて下さい。
  4. 画面を指で触れてピントを皮膚に合わせる
  5. でき物を撮影する場合はスマホを5〜10cmぐらいに近づけ、ピントを合わせて撮影して下さい。その他の場合も10cmぐらいに近づいた拡大像があれば参考になります。

頭や背中などは鏡を使って撮影してもいいですが、やはり家族などに撮ってもらったほうがきれいです。

頭は髪の毛が目立つので地肌にピントを合せにくいですが、画面を長押しするとピントが固定されるので、その状態からスマホを近づけたり遠ざけたりして何枚かピントが合うまで撮ってみて下さい。

スマホでの写真の上手な撮り方はネットにも沢山でていますので、そちらも参考にしてください。