重症熱性血小板減少症症候群

皮ふ科の学会が福井であり、能登の先生が北陸で初めて確認された新しい感染症を発表していました。

重症熱性血小板減少症候群というウイルスが原因の病気で、マダニに咬まれることで感染します。

マダニは森林や草地などの屋外に生息しているため、キャンプに行って咬まれたと白崎医院にも時々受診される方がいます。通常はマダニを切除して抗生剤を飲めばそれ以上のことは起こりませんが、たまたまこのウイルスを持つマダニにかまれた場合は熱が出て、死に至ることもあるそうです。恐ろしいですね。

マダニとは

ダニと聞くと、家にいるダニを思うかもしれませんが、マダニは違う生き物と思った方がいいでしょう。家にいるダニはヒョウヒダニやコナダニでアレルギーを起こしますが、人を刺すことはありません。また大きさも家にいるダニは目に見えないぐらいの生き物(0.2〜0.5mm大)ですが、マダニは小さなてんとう虫ぐらいの大きさ(3〜8mm)です。 続きを読む

インフルエンザQ&A

寒くなるとインフルエンザが心配になりますね。2015年からはワクチンが4価になりましたが、何が変わったかご存じですか?

Q:ワクチンは何が変わったの?

2014年まではA型2種類とB型1種類が入った3価のワクチンでしたが、2015年からB型が2種類入った4価ワクチンに変更になりました。B型は山形系統とビクトリア系統の2種類あるのですが、2014年まではどちらの系統が流行するか予測して1つだけ選んでいました。ところが2011年からは両方とも流行するようになり、ワクチンにも両者を入れることになりました。

Q:ワクチンは有効ですか?

2015インフル12014年に流行したインフルエンザはA香港型で、全体の90%以上占めていました。この株がワクチンにも含まれていたためワクチンは有効でした。年齢別に調べると、グラフのように10才代の有効性がより高かったことがわかります(グラフは事前にワクチンを打った人と打たなかった人を登録しておいて、実際にインフルエンザにかかったかを調べたものです)。もちろん過去のワクチンも、全般的には打った群が打たなかった群よりインフルエンザにならなかったので有効と考えられています。

Q:インフルエンザにかかると高熱がでるの?

続きを読む

新しいAGAの飲み薬 〜ザガーロ〜

AGAの新しい飲み薬は2016/6/13に発売になります。

img_section01_tcm13-6602AGAとは

男性型脱毛症(Androgenic alopecia、AGA)のことです。右図のように頭のてっぺんと前の毛が年齢とともに徐々に細く少なくなります。

img_section03_tcm13-6620AGAの進行パターン

進行パターンは様々で、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどがあります。

AGAの原因

DHT産生増加AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見られ、これが毛の成長期を短くしています。成長期が短くなることで、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。

続きを読む

足の裏が痛い2 何か刺さった?

足裏の針足の裏に傷があり痛いと男性の方が先日来院されました。「何か刺さったかも?」と言われましたが、刺さったかどうかもはっきりしない様子。

以前のこのブログ「指にトゲが刺さったら」で書いたように、早速デルモスコープで観察したのが右の写真。確かに数ミリの傷はありますが、トゲの頭らしきものも見えず、「痛みはこの傷が原因?」と思ってしまうほど。

足裏Xp

傷薬で様子をみてもらおうと思ったのですが、念のためレントゲンをとるとびっくり。針のようなものが!痛いわけです。 続きを読む

歩く時に痛い足裏のイボ

足裏が痛くなる病気

足裏の皮膚が硬くなって、歩く時に痛くなるのは通常は魚の目(鶏眼)です。しかし、普通は痛くないイボやタコなのに痛くなる場合があり、その時はイボの下に「粉瘤」が隠れてないか調べる必要があります。

下の図の左側は写真だけ見るとタコです。右側はイボに見えますが、いずれも「隠れ粉瘤」がありました。

足底粉瘤IMG_5037

隠れ粉瘤

続きを読む

指にトゲが刺さったら

手足に偶然刺さってしまった木くず、プラスチック、植物のトゲや鉛筆の芯。

ネットを見ると「針でかきだす」と書いてあったりします。
うまく取れればいいですが、小さいトゲの場合逆に先端がわかりにくくなることがありますよ。

トゲの確認dermatoscope-500x500はダーモスコープ

白崎医院ではまずダーモスコープ(拡大鏡)でトゲの場所やどの方向に刺さっているか確認します。斜めに浅く刺さっているトゲは放っておきます。大丈夫?と思うかも知れませんが、2週間程で古くなった皮膚と一緒にトゲもはがれ落ちていくから問題ありません。

少し深い場合は、トゲの周りの角層部分をカミソリで削ってトゲを分かりやすくしてから、トゲ抜き専用の細いピンセットで引っ張り出します。角層には神経が入っていないので、削っても痛くありませんよ。

でもさらに深い場合は注射の麻酔が必要になります。抜く時の痛みより麻酔の方が痛くないからです。

 

トゲ臨床見えないトゲは超音波で確認

「トゲが見えないんだけど、何かまだ残っている気がする」と思う方は超音波検査がおすすめです。 続きを読む

富山マラソン完走しました

富山マラソン完走できました!!

新湊大橋2長かったです。

見慣れた高岡市内を通り、駅南で家族の応援を受けて、庄川の河川敷を北上するまでは楽しかったです。スタート地点の日陰は寒くて身震いしましたが、日も差して、少し走ると最初つけていた手袋やアームカバーは要らなくなるほど。かといって暑くもなく、たぶん最高のコンディションだんでしょう。

ハイライトの新湊大橋。立山連峰も見えて眺めは良かったですが、1km走ってもまだ頂上に着かないこの橋で大分体力を使ってしまいました。その後続く田んぼ道。どこまで行っても終わらない感じで、ついには29kmのところで失速。

富山マラソンゴール2それでも今回、テーピングのおかげか、いつも痛くなる右ヒザの痛みがなく、少し歩くとまた走れるようになり、なんとか富山市内に。最後2kmをがんばって走り切りゴール。嬉しかったです!

時間はネットで4時間56分40秒
目標の5時間は切れました。

また走ろうとは今は思いませんが、もう少し持久力をつけて、効率のよいフォームで走れればもっと楽しいかも知れません。

お辞儀3応援どうもありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
富山県高岡市駅南3-5-33
皮膚科神経内科 白崎医院
TEL: 0766-25-0012
HP: http://www.shirasaki-hifuka.com
LINE: @shirasaki-hifuka
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

富山マラソンのエントリーに行ってきました!

富山マラソンゼッケン昨日仕事が終わってから、富山市総合体育館にゼッケンをもらいに行ってきました。普通の大会は当日の朝の受付ですが、さすがに大きな大会になると事前受付なんですね。

番号は D15948

12,000人も走るためA〜Fの6つのブロックに分かれての集合ですが、それでもスタートは混雑するでしょうね。全てのランナーがスタートするまでは15分ぐらいかかるようです。

6u$+$i3X$S$d$3$s$K$A$O!&9b2,;T2.その後高岡大仏前や山町筋を通るのですが、ここも道幅が広くないので、曲がり角ではペースダウンですね。

4.5km走ると母校の下関小学校!
家族からの応援を楽しみにしています。(写真はWebunから転載させて頂きました)

ところで、ゼッケン番号か名前がわかれば5kmごとの通過時間がリアルタイムに分かるサービスがあります。知り合いが走っていれば調べてみると面白いかも知れません。

chara ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
富山県高岡市駅南3-5-33
皮膚科神経内科 白崎医院
TEL: 0766-25-0012
HP: http://www.shirasaki-hifuka.com
LINE: @shirasaki-hifuka
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランニングを始めた理由

健康のために始めたランニング。
きっかけは2人目の子供が生まれ、一緒に遊び続けるには何か運動しないと年齢的にマズイなと思ったこと。

IMG_0973当時はスポーツもせず、通勤に歩くことも無く、医院での仕事中もあまり移動せず・・・結果少しずつ体重が増えていました。時々ジムに通ってましたが、ランニングマシーンで10分走ると息があがり会費が無駄と思うほど。

一人じゃ続かないし進歩もないと考えていた矢先、知り合いがパーソナルトレーナーに指導してもらっていると聞いて、さっそくメールを送りました。数ヶ月待って、まずはストレッチングから始めることに。

最初はストレッチ?と思っていましたが、20年ぐらいスポーツをしていなかった体はすぐに悲鳴を上げました。筋肉が伸びる方向に押してもらっているだけなのに、切れるんじゃないかと思うぐらい痛くて痛くて。
筋肉って使わないとスジの様に硬くなるんです。柔軟性を取り戻すには何回も痛みに耐える必要がありました。体のあちこちに使っていない硬い筋肉がこんなにあれば、猫背で姿勢が悪いのが治らなかったのも理解できます。

ある日、コーチから「ランニングしてみたらどうか」と勧められました。たぶん、ストレッチだけではなかなか先に進まないと思ったからでしょう。 続きを読む