ステロイドをぬったら茶色くなりました。副作用ですか?

「ステロイド軟膏を使った後が茶色くなりました。これって副作用ですか?」と診察室で時々質問されます。

確かに、軟膏を使って赤みが治ったけど、元の皮膚の色には戻らないで茶色っぽく残ったら「副作用かしら?」と勘違いすると思います。でもこれは副作用ではありません。副作用が起こると逆に白く抜けるので、茶色にはなりません。ではなぜ??

炎症後色素沈着」のためです。

PIH皮膚が赤くなる炎症が起こると、赤みが取れても茶色い色素沈着が残ることがあります。この「炎症後色素沈着」は副作用というよりむしろ後遺症に近い状態で、茶色になった色はすぐには消えません。元の皮膚に戻るには顔で半年、腕で1〜2年かかります。気になると思いますが、早く消す薬はなく、レーザーも無効なので消えるのをゆっくり待ってもらうことになります。

なかなか消えませんが、「炎症後色素沈着」を防ぐ方法はあります。それは早めにステロイド軟膏で治すことです。炎症が長引くと色も残りやすいので、治るかなと思っても炎症を放っておかないで下さいね。

 

イラスト3人☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
富山県高岡市駅南3-5-33
皮膚科神経内科 白崎医院
TEL: 0766-25-0012
HP: https://shirasaki-hifuka.com
LINE: @shirasaki-hifuka
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆