日焼け止めの選び方

先日、
富山のチューリップテレビのニュース6で「子どもの紫外線対策」についてコメント
した内容について。

子どもの紫外線対策は3つ
 1)10時から15時までの紫外線の強い時間帯の外出を避ける
 2)帽子や長袖を上手に利用して直射日光を浴びないように注意する
 3)日焼け止めを使い塗り直す

TVで言い忘れましたが、
日焼け止めは吸収剤フリーやノンケミカルと表示のある日焼け止め選んで下さい。吸収剤が入っていた方が紫外線を防ぐ力が強く、ぬっても白くなりにくいのですが、肌が弱い子はかぶれることがあるからです。

20140518-UVmilk2

また、
日焼け止めは使い分けが大切です。
普段は、SPF20程度の日焼け止めを。SPFが高いと洗っても簡単に取れないからです。お風呂で洗えば取れるくらいのものでないと毎日は続きません。必要な場合は塗り直してください。

レジャーの時は、SPF40以上、PA+++以上の日焼け止めを。長い時間外で遊んでいると紫外線で「やけど」することもあるので気をつけて下さいね。

写真は資生堂の日焼け止め(2e ドゥーエ)です。これは伸びが良く、白くならず、簡単に落とせます。

20140518-charatwo2☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
皮膚科・神経内科 白崎医院
TEL: 0766-25-0012
HP: http://www.shirasaki-hifuka.com
LINE: @shirasaki-hifuka
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆