ステロイドをぬったら茶色くなりました。副作用ですか?

「ステロイド軟膏を使った後が茶色くなりました。これって副作用ですか?」と診察室で時々質問されます。

確かに、軟膏を使って赤みが治ったけど、元の皮膚の色には戻らないで茶色っぽく残ったら「副作用かしら?」と勘違いすると思います。でもこれは副作用ではありません。副作用が起こると逆に白く抜けるので、茶色にはなりません。ではなぜ??

炎症後色素沈着」のためです。

PIH皮膚が赤くなる炎症が起こると、赤みが取れても茶色い色素沈着が残ることがあります。この「炎症後色素沈着」は副作用というよりむしろ後遺症に近い状態で、茶色になった色はすぐには消えません。元の皮膚に戻るには顔で半年、腕で1〜2年かかります。気になると思いますが、早く消す薬はなく、レーザーも無効なので消えるのをゆっくり待ってもらうことになります。

早く薄くするために一番大切なのは軽い炎症でも放置しないこと。

明らかな赤みやかゆみがあれば、早めにステロイド軟膏を使用して炎症を治す必要がありますし、少しカサカサしたな思う程度の軽い炎症でも放置せず、ステロイド以外の外用剤を継続して使用することが大切です。自然に治るかなと思っても炎症を放っておかないで下さいね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
富山県高岡市駅南3-5-33
皮膚科神経内科 白崎医院
TEL: 0766-25-0012
HP: https://shirasaki-hifuka.com
LINE: @shirasaki-hifuka
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ネットや電話からの予約サービス(神経内科)

神経内科

医院に一度来なくても自宅、あるいは外出先から予約が取れるサービスです。当日でも利用可能です。


http://shirasaki.atat.jp

上記アドレスにアクセスするか、18606-4560-5221に電話して神経内科を選択して下さい。
診察券番号を持っていない新患の方も予約可能(ネットのみ、電話からは不可)です。
24時間いつでもご利用可能です。

来院されたら、診察券あるいは保険証を受付にあるボックスに入れて下さい。