新しい水虫 格闘技競技者に多いトンズランス感染症

 トリコフィトン・トンズランス(Trichophyton tonsurans)は人間の皮膚や毛が好きな白癬菌(皮膚糸状菌)の一種です。日本で最近までこの菌が分離されることはまれでしたが、2001年頃からこの菌による白癬の集団感染が柔道部員やレスリング部員などの格闘技競技者にみられるようになり、徐々に全国に拡大しました。さらに最近では格闘技選手の家族と小学生などのより低年齢の格闘技競技者にまで拡大していると考えられています。
 この菌による症状には体部白癬(たむし)と頭部白癬(しらくも)の2つがあります。体部白癬は格闘技競技者同士が接触することの多い顔、首、上半身に生じます。1円玉ぐらいの大きさの赤く、表面にふけがついたようにカサカサしているのが特徴です。頭部白癬は頭の毛の中に菌が入り込んだ状態です。軽い場合はふけが出る程度ですが、ひどくなると毛が抜け、膿んでくることもあります。
 この菌は感染力が強いので、友人や家族にうつりやすく、また一度感染すると治りにくいので注意が必要です。また、他の水虫と同様に夏に患者が増える傾向にあります。
 治療は足白癬(水虫)と同じ抗真菌剤を用います。ただしぬり薬だけでは効果が少ないので、飲み薬も使用します。特に毛の中まで菌が及んでいる時は飲み薬を6週間以上続ける必要があります。

なお、本症に関して相談がある場合は、メールを下されば可能な限りお返事をさせて頂きます。

以下によくある質問をまとめました。

質問1:なぜ最近になり全国に拡大したのですか?
解答1:菌の遺伝子解析の結果からは現在流行している菌は昔から日本にあった菌ではなく、海外で流行していた菌が人にくっついて輸入されたものと断定されています。したがって、近年スポーツの国際交流が盛んになったからではないかと考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。一度国内に菌が入ってくると、全国大会に出場する強豪校から、徐々に県内の中堅校などに拡大していきます。なお格闘技競技者は相手の皮膚と直に接触することが多いことに加え、練習や試合により皮膚に小外傷が多く皮膚のバリアーが損傷しているため感染しやすくなると考えられています。


質問2:どうしてこの菌は治りにくいのですか?
解答2:以下のような理由が考えられています。
1)菌が感染しても、痒みや痛みなどの症状があまり出ないので、感染に気付かず放置されることが多い、
2)皮膚だけではなく、頭毛や体毛の中まで侵入することが多いので、飲み薬による治療が6週間以上必要だが、根気強く服薬することが難しい場合がある。
3)集団感染が多く、保菌者を含めて同時に治療することが難しい場合がある。


質問3:保菌者とはどのような人のことを指しますか?
解答3:皮膚科医が診察しても肉眼的に症状はないが、検査をすると菌を持っている人のことです。保菌者は自分では痛くも痒くもありませんが、他人に菌をうつす能力があるので、だれが保菌者なのかきちんと検査を行い、保菌者と症状のある人を同時に治療することが感染防止には必要です。
保菌者かどうかは、頭を滅菌した綿棒やブラシで強く20回程こすり、それを2週間培養することで判定します。当院では綿棒を用いた方法で検査を行っていますが、集団全員を検査する場合は金沢医科大学皮膚科に依頼しています(1人1,000円程必要)。


質問4:団体内で感染を防ぐためにできることはありませんか?
解答4:以下のことがあります。
1) 競技で使うウエアーの洗濯。洗いやすいアンダーウエアーを着て練習する。
2) 練習後のシャワー浴。なるべく早く石けんで洗いましょう。
3) 部員間でのタオルや帽子の共用禁止
4) キズテープは極力控える。テープの中で菌が繁殖する場合があるので。
5) 皮疹の早期発見に努める
6) 皮疹のあるものは競技を休ませる。
7) 市販の抗真菌剤入りシャンプーや液体石けんの使用


質問5:家族にどのような症状があれば感染を疑いますか?
解答5:家族の中に格闘技競技者がいない場合はこの菌による感染の心配はほとんどありません。格闘技競技者がいる場合で、頭のフケが増えた、脱毛がみられる、体に赤いかさかさしたものがみられる場合は、当院を受診して下さい。その際、必ず格闘技を行っているものが家族にいる旨を医師に伝えて下さい。



質問6:現在どのくらいの人が感染していると考えられますか?
解答6:正確な数字はわかりません。全国高校総体に出場した選手の約2割がこの菌を有していることが調べられています。



最後に、決して格闘技が良くないスポーツと言っているわけではありません。治療と予防をしっかりやれば本症は特に怖い病気でもありません。楽しく格闘技を続けられるように、正しい知識を身につけて頂きたいと考えています。

新しいニキビのぬり薬ディフェリンゲル(一般名アダパレン adapalene)が日本でも使えるようになりました

1994年にフランスで、1996年にはアメリカで承認されていたディフェリンゲルがようやく2008年10月に日本でも承認され、白崎医院で使用できるようになりました。ディフェリンゲルはニキビの原因になる毛穴のつまりを改善させるぬり薬です。日本にはこれまで毛穴のつまりを除く薬がなかったので、今後はニキビ治療が良い方向に大きく変わっていくと思います。

 幸い私は金沢大学附属病院で勤務している時に、ディフェリンゲルを患者さんに使っていたことがあります。臨床治験と言って、新しい薬を患者さんに試してもらい効果や副作用を検討する機会があったからです。新しい薬は必ずこのステップを踏み、効果が高く副作用が少ない薬だけが厚生労働省に認可されることになっています。多少ぬったところが赤くなったりする刺激症状は出るものの充分許容範囲で、それよりもニキビがよく治り、参加してもらった患者さんがたいへん満足していたというのが私の印象でした。それ以来、この薬が早く使えるようになればと思っていましたが、発売まで何と4年間も待たされることになりました。

 そもそも、ニキビは以下の2つのことで出来る病気です。1つは毛穴の出口がつまり毛穴に皮脂が貯まること、もう1つはその毛穴の中でニキビ菌が増えて炎症が起こることです。当然、毛穴のつまりをなくして、ニキビ菌を殺せばニキビがよくなることが理解できるかと思います。ところが、2008年の10月まではニキビ菌を殺す薬しか認可されていませんでした。したがって、出来てしまった赤いニキビは治りますが、つまりがとれないので、ニキビを新しくできないようにするにはピーリングなどの別の方法が必要でした。

 もちろんディフェリンゲルが出たからといっても、すべての人のニキビが撲滅されるわけではありません。ただ、これまでよりはニキビがきれいに治る人が増えると思います。白崎医院では、このディフェリンゲルを上手に使いながら、それでも治りにくい方には、ピーリングやレーザー治療を行う予定です。ディフェリンゲルの詳しい使い方の説明は診察時にお渡しします。

春の紫外線にはご注意を -2-

Q: 光老化を防ぐためにはどのような対策を行えばいいのですか?
A: まずは強い紫外線を避けることが重要です。いつ紫外線が強いのかを知っていれば、紫外線を上手に避けることが出来ます。


Q: ではいつ頃紫外線が強いのですか?
A: 夏に紫外線が多いのは当然ですが、先ほど話したように、5月頃から夏並みの紫外線が出ている日があり注意が必要です。1日のうちでは、午前10時から午後2時までの4時間に1日の紫外線の6割が出ているので、この時間の外出を避けることも大事です。

紫外線は天気によっても変わります。快晴の日は多いのですが、曇でも晴れの日の70%、雨の日でも30%の紫外線が出ています。よく、暑くないので紫外線が強くないと思っている人がいますが、これは間違いです。日光による暖かさは赤外線によるものなので、暑さを感じない時でも、紫外線が多い場合があります。

梅雨を過ぎれば、みなさんも山や海に行く機会が増えると思います。山に行くと涼しくなりますが、標高が上がれば紫外線の量は多くなります。また、海では海水面や砂浜からの照り返しが強いので、注意が必要です。


Q: 紫外線の強い時に外出しなければならない場合はどうすれば良いですか?
A: 日陰を歩く、帽子や日傘、サングラス、それから最近ではUVカット加工をしてある洋服を着ることなどが重要です。また、必ず日焼け止めを使うようにして下さい。


Q: お勧めの日焼け止めはありますか?
A: 日焼け止めに表示してある数字はご存じですか。これはSPFという値で,値が大きい程、紫外線に対する防御効果があります。ところで、地上に届く紫外線にはA波とB波の2つがあります。実は、SPFはB波を防ぐ能力を表しているのです。B波は日焼けや光老化に関係した紫外線なので、これを防御することは大事ですが、A波を防ぐこともおろそかにしてはいけません。A波はB波よりも皮膚の奥深くまで到達しますし、窓ガラスでブロックされるB波と違い、A波は窓ガラスも通過します。このA波を防ぐ能力がPAという表示で、+、++、+++というようにパッケージに書かれています。当然3+の方がA波を防ぐ能力が高いということになります。

日常生活で紫外線を予防するためには、SPF30、PA+++程度のものがお勧めです。日焼け止めは薄く塗っても規定の効果が出ませんので、顔だと真珠の玉2個分位を全体にのばしてください。また3時間に1回くらい塗り替えるほうが確実です。塗る場所で、意外と忘れやすいのがうなじや、耳たぶ、胸、首、手の甲です。これらの部位にもきちんと塗りましょう。なお、最近の製品には落ちにくいものがあり、その場合、夜にはきちんと専用のクレンジングなどで洗い落とすことが大切です。

 それから、まれに、日焼け止めが合わない人がいます。日焼け止めの主成分には紫外線吸収剤と散乱剤があるのですが、吸収剤はかぶれることがあります。ですから肌の弱い人は,ノンケミカルとか吸収剤未使用などと表示されている散乱剤だけの製品が良いでしょう。ただし,強い遮断力を必要とする場合は、吸収剤入りの方がやはり効果的です。

最後に、シミやしわが気になる場合は、紫外線を避けるのが一番なのですが、できてしまったシミやしわに関しては、皮膚科でご相談されるのも1つの方法だと思います。

春の紫外線にはご注意を -1-

Q: なぜ春の紫外線に注意が必要なのでしょうか?
A: 紫外線は、真夏の方が強いと思っている方も多いと思いますが、5月頃からは8月とほぼ同じ程度の紫外線が出ています。ですから、紫外線対策は梅雨まえから始める必要があります。

Q: 紫外線対策をしないとどうなりますか?
A: 紫外線に当たって日焼けをするのは当然として、日焼けをしない量でもそれが積み重なると皮膚の老化につながります。このような老化を専門用語では、光老化(ひかり ろうか)と言って、年齢を重ねることで生じる老化とは区別しています。

Q: 具体的には光老化とはどのような症状が出るのですか?
A: 光老化では、皮膚のハリがなくなり、シミやしわが目立つようになります。年配の方の顔にはシミやしわが多く、またイボ状の変化も見られますが、日光を浴びていない太ももは色が白く、柔らかで、深いしわはありません。通常の老化が40歳を超えた頃から意識するのに対し、光老化による顔のシミは、まだ若い20歳から見られるのが特徴です。

紫外線の多い鹿児島と少ない秋田で、女性の顔のシミを比較した調査があります。この調査では、シミの数は鹿児島の60才の女性と秋田の40才の女性が同じ程度だったそうです。紫外線がいかにしみに大きな影響を及ぼすかがわかると思います。

Q: 紫外線を浴びると皮膚ガンができやすくなりますか?
A: 真夏の昼間に1時間紫外線を浴びると、皮膚の遺伝子に約10万個の傷が出来ます。もちろん傷は直ぐに修復されますが、長年にわたり繰り返し紫外線で傷つけられると、傷の直し間違いが起こります。その部分がたまたまガンに関わる遺伝子であった場合、皮膚ガンになります。

白人では、10歳までの紫外線に当たった量が多いと、皮膚ガンの発生率が3~5倍高くなると言われています。我々日本人の皮膚は、白人の皮膚とは異なりますが、日光浴は繰り返して行うことは避けた方が無難だと思われます。

Q: 日光浴は健康に良いイメージがありますが、紫外線が身体のためになることはないのですか?
A: 骨を作るのに必要なビタミンDの合成に紫外線は必要です。しかし、これはわざわざ日光浴をしなくても、知らず知らずに浴びてしまう程度の紫外線で十分です。また、皮膚科では紫外線の性質をうまく利用して乾癬(かんせん)やアトピ-性皮膚炎などの治りにくい皮膚病の治療に利用しています。

このように、紫外線は良い面もありますが、どちらかといえば悪い面の方が多いと考えられます。